« 東福寺 紅葉 | トップページ | 被爆体験者サーロー節子さんの素晴らしい演説 »

2017年12月20日 (水)

先日、天の香久山を訪れました。実に神秘的な山でした :

<先日、天の香久山を訪れました。実に神秘的な山でした :
The other day I visited Mt. Amano Kaguyama in Nara City  >
English follows Japanese.
12月初め、奈良県橿原市観光ボランティアガイドの皆さんの案内で、長年の念願である「天の香久山」へ行って来ました。当日のウォーキング・ツアーは、天の香久山を中心としたもので、橿原御陵前駅から本薬師寺跡、鷺栖神社を経て、天の香久山、磐余池、吉備池廃寺などを巡りました。

天の香久山は、「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香久山(持統天皇)」という和歌で有名ですが、古事記、日本書紀、万葉集など多くの文献に、神々や日本国創始との関わりが多く記されているように、実に神秘的な山でした。

山の中腹にある“天香山神社”のご祭神は櫛眞命(くしまのみこと)で、鹿卜(ろくぼく)占事を司る神です。これは、鹿の肩甲骨を焼いてひびの入り方 によって神意を伺う(吉凶を占う)ものです。国家の大事を判断する占いや、天皇陛下即位の大嘗祭に行われる神饌田卜定(しんせんでんぼくじょう)に関わる神として重んじられて来ました。本殿の背後には巨岩があり、古代祭祀の磐座(いわくら)の名残が見られました。

境内には“波波迦の木(ははかのき)”という珍しい木がありました。この木の別名は“うはずみ桜”ですが、平成2年の大嘗祭関連の諸儀では、宮内庁の御下命により、この木の皮を奉納し、雄鹿の骨を焼いて占ったということです。再来年の天皇陛下の譲位の際の大嘗祭でも、この木の皮を奉納し、どこの地域のお米を奉納するかを決めるそうです。

その他、香久山には、“月の誕生石”という民話で伝えられている花崗岩の巨岩がありました。これは月の足跡だと言われ、古代から信仰されて来たそうです。
=================
今回のウォーキング・ツアーでは、他にも、大和三山のあとの二つの山、畝傍山、耳成山の眺望、藤原京跡、万葉集で大津皇子が詠った“磐余の池”などの歴史的舞台が見られて満足感に浸りました。

最初の方の二つの写真が天の香具山です。

The other day I visited Mt. Amano Kaguyama(天の香久山) in Nara City which is a sacred mountain from old times. It is one of the three mountains of Yamato(大和三山)  along with Mt. Unebi, and Mt. Miminashi. All of three mountains have elegant figures. Mt. Amano Kaguyama is famous for the following traditional Japanese poem: 
“Harusugite natsu kinikerashi shirotae no koromo hosucho Amanokagu-yama (It seems that spring is over and summer has come, for the white robes, so it is said, are spread to dry on Mt. Amanokaguyama 『by Emperor Jito』)”

1dsc_0302_2


2dsc_0304


3dsc_0308


4dsc_0311


6dsc_0317


6dsc_0317_2


7dsc_0300


8dsc_0303


9dsc_0325

|

« 東福寺 紅葉 | トップページ | 被爆体験者サーロー節子さんの素晴らしい演説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先日、天の香久山を訪れました。実に神秘的な山でした ::

« 東福寺 紅葉 | トップページ | 被爆体験者サーロー節子さんの素晴らしい演説 »