« 初春の飛鳥を歩く | トップページ | かつての自民党の良心・後藤田正晴氏 »

2018年4月22日 (日)

今、日本にとって最も大切なこと:安倍首相の退陣

<今、日本にとって最も大切なことは安倍首相を退陣させることです>

現在、国会は混迷を深めています。このような中、安倍政権擁護派の人々から、国家としてもっと大切なことを審議しなければならないのに、野党が、森友、加計、自衛隊の現地記録、女性記者に対するセクハラ問題、などに関する不正追及にこだわり、時間が無駄に使われていると異論を唱える声が上がっているようです。これはとんでもない言いがかりです。

このような事態をもたらしたのは、安倍政権の不正政治に因るものです。安倍首相は、このような事態をもたらした原因を調べ“膿を出し切る”とうそぶいていますが、膿=安倍晋三そのものなので、安倍首相に辞めてもらい、新たに人心を一新してやり直す他に方法がありません。...
======================
今、最も大切なのは、安倍首相という極右政治家を早く辞めさせることです。彼は、官僚の人事権を掌握、権力を自分の都合のよい様に行使し、三権分立を無視、独裁体制を敷いた上で、お友達に便宜を図り、政治を私物化し、また、安保法制や特定秘密保護法、共謀罪などの右翼国家主義的法案を次から次へと成立させ、個人の自由や人権よりも、国家権力を強大化し国民を監視する社会を目指しています。

このような“とんでもない人物”をこのまま首相の座に居座らせておくことは日本にとって不幸なことです。安倍政権の下では、幾ら審議しても国民のためになる法案ができるわけがありません。野党の徹底抗戦を支持するものです。自民党内の良識ある人々の中にも、最近になって、安倍政権に批判的な動きが少しずつ増えて来ているのは喜ばしいことです。

Cg8ibwcukaagrni


3_2

|

« 初春の飛鳥を歩く | トップページ | かつての自民党の良心・後藤田正晴氏 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/66640337

この記事へのトラックバック一覧です: 今、日本にとって最も大切なこと:安倍首相の退陣:

« 初春の飛鳥を歩く | トップページ | かつての自民党の良心・後藤田正晴氏 »