« 不誠実な政権 | トップページ | 校正原稿のチェック »

2018年5月24日 (木)

ウツギの花=卯の花

今の季節、ウツギの白い可憐な花が見られます。
ウツギの由来は、この木の幹がうつろ(空)であることから「空木」という名が付いたと言われています。また別名、「卯の花」と呼ばれています。卯月に咲く花だから卯の花というのか、卯の花の咲く月だから卯月というのかは定かでないらしいです。

  名前の由来はさておき、卯の花は古来より詩歌に詠われてきました。万葉集でも卯の花は24首詠まれており、その内、18首はホトトギス(時鳥)とともに詠まれています。 西行や芭蕉、子規にも卯の花について詠んだ和歌や俳句があります。

卯の花と言えば懐かしい歌があります。
=========================
   佐々木信綱作詞、小山作之助作曲「夏は来ぬ」です。

     卯の花の匂う垣根に
    ほととぎす早も来鳴きて
    忍び音もらす夏は来ぬ  

古代の万葉人は鳥を呼ぶために卯の花を家の垣根にしたようです。
「匂う」は、現在の匂うという意味でなく、「美しく目に映じる」という意味だそうです。「忍び音」は、ウグイスの初音と同じように、ホトトギスの初音は「忍び音」と呼び、春先のホトトギスはまだ鳴き声に自信がないから「忍び音」ということのようです。

Dsc_7009


Img_5296


Dsc_7010

|

« 不誠実な政権 | トップページ | 校正原稿のチェック »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/66755832

この記事へのトラックバック一覧です: ウツギの花=卯の花:

« 不誠実な政権 | トップページ | 校正原稿のチェック »