« アメリカ民主党が下院を制し、アメリカ社会の分断に歯止めか? | トップページ | 書籍「尊ぶべきは、小さな社会と細やかな心」を出版致しました! »

2018年11月13日 (火)

モノゴメリ著『赤毛のアン』はヒューマニズムを教える教養小説です!!

先日、“100分de 名著”の番組を見ていると、茂木健一郎さんが講師で、モンゴメリ作『赤毛のアン』を取り上げていました。聞いていると、『赤毛のアン』は、茂木さんが言っておられるように、少女のための小説にとどまらず、男子も読むべき教養小説と呼ばれる類いに含まれる小説であることがわかりました。

正直に言って、私は、この物語については、小学生の頃、絵本などで読んだことがあるかも知れませんが、少女小説であると思い、本物の小説を読んだことがありませんでした。それで、早速読んで見ましたが、茂木さんの言う通り、主人公・アンがその保護者・マシュウとマニラに出会うことで成長していく、また保護者であるマシュウとマニラも成長していく過程が描かれており、そして、人が人と出会うことの大切さ、人間の変化していく可能性を教えています。大変感動しました!まさに子どもたちにとっては、ヒュ-マニズムの精神を教わるいい教材だと思いました。

...

更に英語の原書を読んで見ようと思い、購入して読み始めましたが、古語も含まれていることもありますが、正直なところ、少々難解に感じています。まあ、ゆっくりと読み進めたいと思っています。

Dsc_7193

|

« アメリカ民主党が下院を制し、アメリカ社会の分断に歯止めか? | トップページ | 書籍「尊ぶべきは、小さな社会と細やかな心」を出版致しました! »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノゴメリ著『赤毛のアン』はヒューマニズムを教える教養小説です!!:

« アメリカ民主党が下院を制し、アメリカ社会の分断に歯止めか? | トップページ | 書籍「尊ぶべきは、小さな社会と細やかな心」を出版致しました! »