« お二人のような方こそ、ノーベル平和賞に値します! | トップページ | ローラさんが18日、自身のインスタグラムで、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事を止めるよう求める嘆願書に賛同する署名を呼びかけ! »

2018年12月15日 (土)

川瀬 巴水(かわせ はすい)の版画の魅力

TVを観ていて、川瀬 巴水という人を初めて知った。
彼は、“昭和の広重”と呼ばれた。代表作は『東京20景』。
現代社会で失われつつある、何でもない普通の村里などの風景と共に、人々の生活や感情を描いている。郷愁を感じさせてくれる絵だ!
Kawase Hasui is a woodblock print artist in Taisho-Showa era....
He was called as "Hiroshige(広重) of Showa" and left many works depicting Japanese rural landscape with people's life and emotion.
===========
明治16年生れ。日本の大正・昭和期の浮世絵師、版画家である。衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく労を尽くした人物として知られる。日本各地を旅行し旅先で写生した絵を原画とした版画作品を数多く発表、日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。
アメリカの鑑定家ロバート・ミューラーの紹介によって欧米で広く知られ、国内よりもむしろ海外での評価が高く、浮世絵師の葛飾北斎・歌川広重等と並び称される程の人気がある。
1


2


3


5


6


7


8


|

« お二人のような方こそ、ノーベル平和賞に値します! | トップページ | ローラさんが18日、自身のインスタグラムで、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事を止めるよう求める嘆願書に賛同する署名を呼びかけ! »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川瀬 巴水(かわせ はすい)の版画の魅力:

« お二人のような方こそ、ノーベル平和賞に値します! | トップページ | ローラさんが18日、自身のインスタグラムで、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事を止めるよう求める嘆願書に賛同する署名を呼びかけ! »