« “子ども食堂”の名付け親・近藤博子さん | トップページ | 国境なき医師団の活躍 »

2019年3月27日 (水)

ドラマ『遥かなる山の叫び声』を観て感激!

昨日、『遙かなる山の呼び声』というテレビドラマを観て感激しました。久し振りに素晴らしい映画を観たという満足感に浸りました。(NHKはニュースなどで現政権に媚びたところもありますが、いい番組も沢山つくっていますね)

物語の舞台は、北海道の中標津という小さな町。風見民子(常盤貴子さん)は、夫を亡くした後、息子を育てながら、義父と共に完全放牧の酪農を続けていた。ある嵐の日、親戚の葬儀に出かけていた義父が、車で帰宅途上、路上でバイクが故障し困っている一人の男性、田島耕作(阿部寛さん)を連れて帰って来る。そして4人での生活が始まる中で、風見民子と田島耕作がお互いに愛し合うようになるが、実は田島がある事情で犯罪を犯し、逃亡を続けていることが判明。田島が刑に服することでドラマは終わるが、服役後、二人は結ばれるということを匂わせた筋書となっている。
==============
この映画で監督が伝えたいのは、善良な人間でも、やむを得ない社会環境(特に経済環境)の下では、自分の意思に反して罪を犯すことがある。従って、「罪を憎んで人を憎まず」でなければならない。また...、この現代社会においては、ともすれば、「打算的な男女間の愛」が支配的で、純粋な愛が失われつつある。何とかこれを是正したい、ということではないかと感じた。
==============
さて、この『遙かなる山の呼び声』は、1980年、山田洋次監督による映画が原作で、今回のテレビドラマは2018年にテレビドラマ化されたものである。この時の主演は、賠償千恵子さんと高倉健さんであった。ヴィクター・ヤングによる映画『シェーン』の主題曲の邦題「遙かなる山の呼び声」(原題:The Call of the Faraway Hills)から着想を得て制作された。

55869194_2204560532965453_13870943786940 

55807357_2204560839632089_15953948637113

55218803_2204561186298721_20780745197753

53741196_2204561432965363_27465093939724

 

|

« “子ども食堂”の名付け親・近藤博子さん | トップページ | 国境なき医師団の活躍 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “子ども食堂”の名付け親・近藤博子さん | トップページ | 国境なき医師団の活躍 »