« オルテガ著『大衆の反逆』、解説中島岳志氏 を読んで | トップページ | “子ども食堂”の名付け親・近藤博子さん »

2019年3月18日 (月)

春の訪れ

先日、裏山へ自宅から往復2時間余りの散歩に出掛けました。
まだ寒さが少し残っていますが、明るい日差しと咲き始めた花々に春の到来を感じました。

裏山には、アセビ(馬酔木)の白い花、万葉集では「あしび」と詠まれた花が咲き、近くの農園には、サンシュユの小さな花が咲いていました。

.サンシュユ(山茱萸)は朝鮮半島・中国が原産地で、日本名は「春小金花(はるこがねばな)」と呼ぶそうです。(追記)”庭のサンシュユ”という歌がある。宮崎県民謡の稗搗節で、壇ノ浦の戦いで宮崎に逃げた平家の姫と逃げた平家を追って宮崎にやって来た源氏の侍の禁じられた恋で、人目を忍ぶ愛を歌ったもの。サンシュの木に付けた鈴が鳴れば「今日は会える」のサインであった。

我が家には、カンヒザクラが咲き始めました。このカンヒザクラは、大体いつも梅が咲いた後、桜が咲くまでの期間に咲きます。釣り鐘状の花が特徴で、花が下向きに咲きます。「河津桜」の基となるサクラであり、沖縄では桜と言えば、このサクラを指すそうです。ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれることもあります。

1img_20190313_154541_488


2dsc_7280


3img_2455

|

« オルテガ著『大衆の反逆』、解説中島岳志氏 を読んで | トップページ | “子ども食堂”の名付け親・近藤博子さん »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の訪れ:

« オルテガ著『大衆の反逆』、解説中島岳志氏 を読んで | トップページ | “子ども食堂”の名付け親・近藤博子さん »