« 渋野日向子さん のこと | トップページ | グレタさんの言葉「一番危険なのは行動しないことでなく、政治家や企業家たちが、ほとんど何もしていないのに、ずるがしこい説明と想像力豊かなPRで、行動していると見せかけることです」 »

2019年12月 6日 (金)

石山寺・三井寺

お世話させて頂いている韓国からの留学生Y君が久しぶりに会いたいというので、それでは一緒にどこか紅葉でも見に行こうかと思い立ち、家内共々、滋賀県まで足を伸ばし、石山寺、三井寺(園城寺)へ行って来ました。修士課程入学のために来日したY君は、博士課程をあと1年残して就職も内定し、余裕もできてきたので、これからは観光の方も楽しみたいとのこと。それならば今まで行ったことがない琵琶湖近辺へということで、石山寺、三井寺を見て、最後に琵琶湖周遊のMICHIGANを楽しんで来ました。 

石山寺へは前回、梅の季節に来て、その見事さに感動しましたが、紅葉もなかなかのものです。石山寺は紫式部が源氏物語の着想を得たところで知られていますが、丁度この季節、紫式部展「源氏物語~古典のきらめき~」が開催されており、紫式部が湖面に映る月を見て、源氏物語の着想を得た様子を描いた絵など、沢山の貴重な資料が見れて大変よかったです。 

三井寺(園城寺)は初めての訪問でした。この寺は、智証大師円珍によって中興された天台寺門宗の総本山で、境内にある閼伽井の内部で今も湧き出る清水が、天智・天武・持統の三天皇の産湯に用いられたとされ、「御井の寺」=「三井寺」という通称につながったと言われています。近江八景「三井の晩鐘」として有名な大鐘も見れました。

最後に大津港から80分間のMICHIGAN遊覧を楽しみました。湖上からの比叡山、比良山の眺めは格別でした!!

1dsc_7749

2dsc_7738

3dsc_7746

4_20191206155501

5dsc_7751

6img_20191206_0002

7dsc_7761

8dsc_7755

9mg_20191206_0001

|

« 渋野日向子さん のこと | トップページ | グレタさんの言葉「一番危険なのは行動しないことでなく、政治家や企業家たちが、ほとんど何もしていないのに、ずるがしこい説明と想像力豊かなPRで、行動していると見せかけることです」 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋野日向子さん のこと | トップページ | グレタさんの言葉「一番危険なのは行動しないことでなく、政治家や企業家たちが、ほとんど何もしていないのに、ずるがしこい説明と想像力豊かなPRで、行動していると見せかけることです」 »