« 京都・円通寺 | トップページ | 石山寺・三井寺 »

2019年12月 2日 (月)

渋野日向子さん のこと

先日、渋野日向子さん(21歳)が優勝に輝いた全英女子オープントーナメントが再放送されていたので観た。緊張した局面が続く中で、彼女の表情が微妙に変化する様子が捉えられていたが、一貫して維持されていたのが、彼女特有のスマイルだった。

試合中にもかかわらず、スマイルをもってサインに応じたり、写真に一緒に収まったりしていた態度はイギリスの人たちに好感をもって迎え入れられたようだ。渋野さんのお蔭で、不道徳な右翼政治家によって下がり気味であった我々日本人の評価も、上昇に向かうことになればいいのにと思う。(笑)

その渋野さんと、鈴木愛さん、申ジエさんとの賞金王争いは熾烈なものだったが、ゴルフファンを楽しませてくれた。結局、鈴木愛が、賞金王に輝き、渋野2位、申ジエ3位となったが。
==================
ところで、このような華やかなニュースの裏で、女子プロゴルフ選手は大変厳しい現実に直面しているというニュースを読んだ。女子プロゴルフ界では、20代の若手の活躍の陰で、30歳前後の実績ある人の引退が相次いでいる。一ノ瀬優希(31)や諸見里しのぶ(29)など。

36試合のシード権枠50人を巡っての熾烈な闘い。シード権を有する女子の平均は26.4歳。男子の49.5歳に比べて著しく低い。

練習や試合に追われて、「結婚はどうしようか」「子供はいつまでつくれるのか」と言った悩みが尽きないと言う。

淋しいことだ。

Shibunothumb550xauto222009

Shibunotrophy

9_20191202180901

 

|

« 京都・円通寺 | トップページ | 石山寺・三井寺 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都・円通寺 | トップページ | 石山寺・三井寺 »