« 卒業祝い | トップページ | 文藝春秋が報じています!! 『新型肺炎』二人の独裁者の犯罪!! »

2020年3月16日 (月)

エリック・シュバリエさん 堺の伝統産業 刃物を外国人にPR

拙著『尊ぶべきは、小さな社会と細やかな心』にご登場頂いた、エリック・シュバリエさん(30)(フランス出身)のことが、本日の朝日新聞に紹介されていました。
=====================
彼は、堺市の伝統産業、刃物を外国人にPRする役目を演じ奮闘されています。その功績が認められ、関経連や近畿経済産業局などが選ぶ「はなやかなKANSAI魅力アップアワード」で、堺市産業振興センターとして特別賞を受賞されました。

おめでとうございます

彼は、2012年来日後、大阪堺市で鋏(はさみ)鍛冶職人の見習いを経験した後、堺の刃物職人と外国人シェフなどの顧客との間を結ぶコーディネーターとして活躍されています。
===============
拙著では、第7章「日本の細やかで精緻な文化に魅せられた外国人」の4人のなかの一人として紹介させて頂きました。記事を書く際、奥さんの麻利子さんと一緒に取材させて頂いた時の記憶が蘇ってきました。

Photo_20200316152201

Photo_20200316152202

Photo_20200316152204

Photo_20200316152203

|

« 卒業祝い | トップページ | 文藝春秋が報じています!! 『新型肺炎』二人の独裁者の犯罪!! »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒業祝い | トップページ | 文藝春秋が報じています!! 『新型肺炎』二人の独裁者の犯罪!! »