2.日記・随想・歴史紀行・音楽

2018年5月22日 (火)

恵心僧都・源信の妹さん(安養の尼)の話

あの有名な『往生要集』の著者である恵心僧都・源信の妹さん(安養の尼)の話、感激させられます。Yuzu Ponzさんの記事をシェアさせて頂きました。

=================
ところで、その『往生要集』に、「足(た)ることを知らば貧(ひん)といへども富(ふ)と名づくべし、財ありとも欲多ければこれを貧と名づく。」という文言があります。
このような “清貧な生き方を願望する文化”は、日本にまだ根強く残っています。安倍政権の下、日本社会は道徳的に劣化の一途を辿っていますが、この流れを早く断ち切り、清貧な生き方を願望する文化を失なわずに維持し続けていきたいものです。

===================

<Yuzu Ponzさんの記事>

鎌倉時代の古今著聞集に、安養の尼が出てきます。
源信の妹尼、秀れた女性です。
ある夜、強盗に押し入られ身ぐるみ剥がされ、全てのものを奪われ、畳も襖も何もかも強奪されました。
側でやはり隠遁していた妹の尼が駆けつけた時、安養の尼は裸の上に筵を被って座っていました。
...
強盗たちは、一枚の単の着物だけを落として行きました。
安養の尼は、妹尼に命じて、その単の着物すら強盗に渡してやれ、まだそんな遠くまで逃げてないだろうと。

妹尼は強盗を追いかけ、これもお持ちなされと手渡しました。

すると。。。強盗たちはうなだれ改悛。
申し訳ないことをしました、と。
謝罪した上で、全てを安養の尼の元に返しに来ました。
赦すという営みの気高さ。
胸を衝かれました。

安養の尼のように、私も生きたい。
負のループを断ち切る慈愛。赦し。
 
32887297_2102785859997726_480880398


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリアからの友人Jさんを寺社へ案内

今週の火曜日からの2日間、オーストラリアからの友人、Jannさんを迎え、家内と共に過ごしました。Jann さんは、日本の文化や日本の古くからの宗教的信仰について研究されている研究者であり、エコロジーの専門家でもあります。ここ数年、日本の各地を旅されており、この度、大阪にも来られることになり、彼女が興味をもっておられるところを案内しました。

訪れたのは、泉佐野にある犬鳴山七宝龍寺、箕面の龍安寺、豊中市の服部天神宮、大阪阿倍野の安部晴明神社、大阪天王寺の四天王寺です。

犬鳴山七宝龍寺を訪れるのは私も初めてでした。役行者が開山したと言われるこの寺は、山深いところにあり、倶利伽羅大龍不動明王を本尊とする神秘的な雰囲気が漂うところです。バス停から歩いて50分位のところに本堂があり、本堂の近くには行者の滝がありました。その激しさと美しさに感動を覚えました。

安倍晴明神社は、晴明が生まれた伝えられるところで、安倍晴明と狐の像、狐である晴明の母の葛の葉の碑などがあり、伝説とは言え、晴明が平安時代に式神を操り悪鬼や怨霊を退治した時代に思いを馳せました。

For 2 days this week I have been visiting some Temples and Shrines in Osaka with my wife to guide Jann-san, a friend of mine from Australia. Jann-san is a researcher for Japanese culture and Japanese religious belief and ecologist.
The Temples and Shrines we visited are: Inunaki-san/Shipporyuji Temple, Ryuanji Temple, Hattori Tenjin shrine, Abeno-seimei shrine, Shitenoji Temple,

1_dsc_6974


2_dsc_6956


3_dsc_6967


4_dsc_6969


5_dsc_6985


6_6991


Img_20180517_0001


Dsc_6998a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

4月終盤から5月の初めにかけて

今年の4月終盤から5月の初めにかけて、フィリピンからの女子学生、チェズさんを自宅に招くことから始まりました。家内の家庭料理を大変喜んでもらい家内も大満足でした。その後、それぞれの国の文化のことをお互いに紹介したり、チェズさんへ日本語の面白さを説明するなどして、楽しく一日を過ごしました。

5月の初めには、家内の父母の供養のため、京都・西本願寺を訪れました。休日のためか、供養に訪れる人は比較的少なかったように思いました。帰途、京都の高島屋で開催されている、与勇輝(あたえゆうき)展を観て来ました。この人のことは今まで知らなかったのですが、先日テレビを観ていて、この人がつくる人情味のある創作人形に感銘を受け、このような素晴らしい芸術家がいるのだなあと思って、一度見てみようと思った次第です。

与氏の人形は、人形に命が吹き込まれ、魂が宿ったかのような存在感を呈し、安らぎを与えてくれます。海外でも好評を得ていて、感情を余り表面に出さない日本人の作品としては、少し珍しいと思われているそうです。今回の展覧会は、与氏が2018年にパリ展を開催し、その帰国記念の展覧会でした。開場は、観客で溢れ、女性客が9割近くも占め、大変賑わっていました。

Img_20180504_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

川内優輝さん と 衣笠祥雄さん のこと

お二人のアスリートについて記憶に留めておきたいと思った。

まずは、マラソンの川内優輝さん(31歳)。公務員として働きながら、一人で地道に練習を繰り返し、現在の彼を築きあげた。まさに孤軍奮闘と言える人だった。

先日は、ボストンマラソンに日本選手としては君原さんに続く優勝。並み居る強豪を抑えての優勝であった。そして、「思い切り走れるのはあと10年もない。死ぬ時に後悔したくない」とプロに転向を表明した。「現状打破」が好きな言葉だそうだ。まさに“努力の人”だ。今後も引き続いて健闘してほしい。
==================
もう一人は、野球の衣笠祥雄さん(享年71歳)。彼の人生は、被爆地・広島と共にあった。“鉄人”と呼ばれフアンに愛された。広島カープの黄金時代を担い、連続試合出場の記録(2215試合)も打ち立てた。「はだしのゲン」の作者で故中沢啓治さんは、「広島カープ誕生者物語」を書き、大の広島ファンだった。

大変心の優しい人だったらしい。「死球を受けても相手を威圧することなく、闘争心をもって戦う中では珍しいタイプの選手だった」と、王貞治さんが語っている。広島の後輩だった人たちも、「本当に優しい人だった」と口をそろえる。「江夏の21球」は今でも語り草になっている。この時、衣笠さんの思いやりのある言葉が江夏さんを励まし、広島を優勝に導いたそうだ。私はこの隠れた話を先日、新聞を読んで初めて知った。
================
川内さん、衣笠さん、このお二人に共通するのは、地道なその道の“求道者”としての姿である、と思った。

0ac79b71786225e88ca532188b4ca3d1


9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつての自民党の良心・後藤田正晴氏

 「うみの親膿出し切ると白(しら)を切り 煙に巻かれる我ら国民」

安倍首相の振る舞いは、普通の常識ある人とは著しく異なっています。悪事を働きながら、悪事が露見しないように、平気で嘘をつく、ごまかす、はぐらかす。更に自分自身の責任を隠蔽し、官僚などに責任を転嫁する。...

安倍首相は、道徳観、倫理観に欠け、卑怯で、冷酷な人間なのです。
===================
かつて自民党に、後藤田正晴さん(故人)という、立派な人格者で、正義感にあふれた方がおられました。内閣官房長官を長らく務め、「カミソリ後藤田」と言われました。不正を見逃さず、相手が総理大臣であっても、理不尽なことをすると、厳しく諌めました。このような方がおられたから、かつての自民党には、不正を糺す自浄力が存在していたのです。
=================
その人、後藤田さんは、安倍首相を次のように評していました。

「安倍晋三だけは首相にしてはいけない。あいつには岸の血が流れている。みんなは岸の恐ろしさを知らない。・・・・岸の血って、血縁って言うだけじゃないんだよね。人としての情がない。恥を知らない。岸と安倍晋三に共通しているのは、その恐ろしさなのだ」と。

岸とは、安倍首相の祖父で、1級戦犯。東条内閣の閣僚として日本の満州侵略に関与した人物です。自民党の中では、吉田、池田、大平元首相など、まっとうな保守政治家の本流(いわゆる宏地会)ではなく、極右政治家として戦後の我が国の政界に君臨した人物である。
安倍首相は、この祖父の思想を受け継いでいるのです。
===================
しかし今、後藤田さんのような立派な人格者が自民党にはいません。皆、安倍首相の忠実な下僕となり、何ら反対意見を述べず、右翼政治家・安倍首相の不正政治に手を貸しています。

今、安倍政権の下、憲法、教育、その他あらゆる面で、ファシズムの影が忍び寄り、国の崩壊、特に道徳的な面での崩壊が起きています!情けないことに、小学生でも知っている最低限のモラルが守られていません。首相以下誰も本当のことを言わない異常な政権が今なお嘘をつきつづけ、政権にしがみつく狂乱の国に成り果てています。不正義が、正義を追いやってまかり通っています!

今、安倍首相を辞めさせなければ、日本はとんでもないことになります!

1


2


3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

今、日本にとって最も大切なこと:安倍首相の退陣

<今、日本にとって最も大切なことは安倍首相を退陣させることです>

現在、国会は混迷を深めています。このような中、安倍政権擁護派の人々から、国家としてもっと大切なことを審議しなければならないのに、野党が、森友、加計、自衛隊の現地記録、女性記者に対するセクハラ問題、などに関する不正追及にこだわり、時間が無駄に使われていると異論を唱える声が上がっているようです。これはとんでもない言いがかりです。

このような事態をもたらしたのは、安倍政権の不正政治に因るものです。安倍首相は、このような事態をもたらした原因を調べ“膿を出し切る”とうそぶいていますが、膿=安倍晋三そのものなので、安倍首相に辞めてもらい、新たに人心を一新してやり直す他に方法がありません。...
======================
今、最も大切なのは、安倍首相という極右政治家を早く辞めさせることです。彼は、官僚の人事権を掌握、権力を自分の都合のよい様に行使し、三権分立を無視、独裁体制を敷いた上で、お友達に便宜を図り、政治を私物化し、また、安保法制や特定秘密保護法、共謀罪などの右翼国家主義的法案を次から次へと成立させ、個人の自由や人権よりも、国家権力を強大化し国民を監視する社会を目指しています。

このような“とんでもない人物”をこのまま首相の座に居座らせておくことは日本にとって不幸なことです。安倍政権の下では、幾ら審議しても国民のためになる法案ができるわけがありません。野党の徹底抗戦を支持するものです。自民党内の良識ある人々の中にも、最近になって、安倍政権に批判的な動きが少しずつ増えて来ているのは喜ばしいことです。

Cg8ibwcukaagrni


3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

新しい著作:人間の身の丈にあった経済活動を進めると共に、人間的な生活を取り戻すために

昨年5月頃から書き始めた新しい本の最終原稿を出版社に提出して、ほっとしたところです。

本の内容は、「小さな、細やかな、社会・組織」の必要性を訴えたもので、文明論者・シューマッハーが1973年に出版した著書「スモール・イズ・ビューティフル(Small is Beautiful)にヒントを得て書いたものです。タイトルは未定ですが、“小さな、細やかな、社会・組織こそ、尊ぶべき”という趣旨の本です。...

===================
今日、グローバル競争に勝つために、我が国も含めて、各国は限りない成長戦略をとり、技術革新にやっきになっています。そのため、短期的な利益を追求する国家の政策の下、社会の歪みがさほど改善されず、富の追求には熱心だが、他者への敬意と思いやりが十分には醸成されていない世の中になっています。

本書はこのような問題を克服するには、人間の身の丈にあった経済活動を進めると共に、人間的な生活を取り戻す必要性を強調したものです。

事例として、小さくても異彩を放っている小さな国々、地域で自立自生して輝いている市町村、“公”の心を持って地道に活躍されている集団や個人の方々、日本文化に魅せられて日本に在住している外国人の方々、を挙げました。

今後、出版社における校正作業などを経て、出版は今年、9月頃の予定です。アマゾンから発売されます。
====================
(注)本書は、前著「伝えたい細やかな日本のモノづくりの心~日本独特の風土・歴史・文化の中で醸成された誇るべきモノづくり文化~」(アマゾンで発売中)で述べた “小さなもの、細やかなもの”への共感を、“モノづくり”にとどまらず、更に、社会的、組織的な側面にも拡張して書いたものです。

Img_6857

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

スピードスケート・高木美帆さんの名誉のために言っておきたいこと

スピードスケートの高木美帆さんが、先日の自民党大会に出たことが話題になっているが、彼女の名誉のために言っておきたい。
=====================
私が想像するに、高木美帆さんは、自らの意思で自民党大会に出たのではない。安倍政権の働きかけで、スピードスケート出身の橋本聖子議員がお膳立てをした結果なのだろう。気が進まないのに、スケート業界の先輩からの依頼ということで、やむを得ず渋々引き受けたのだろう。それは、自民党大会に出た時の彼女の少し淋しそうな表情から見て取れる。
=====================
高木美帆さんを政治利用した安倍政権。普通の良識ある自民党の方々なら特に問題がないが、こともあろうに、右翼国家主義を志向する安倍政権が、無理やり彼女を呼び込んだ様に思えるのだ。国家によるパワーハラスメントと言える!

...

スポーツ選手や芸能人の方々は、少なくとも国家主義者にだけは十分に気をつけて、甘い言葉に惑わされずに自分自身を律してほしいものです。さもなければ自分自身の経歴を汚すことになりかねません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

日本の民主主義は、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞と、多くの良識ある地方新聞があるからこそ、何とか維持されて来たと言えます❗❗

日本の民主主義は、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞と、多くの良識ある地方新聞があるからこそ、何とか維持されて来たと言えます

これらの新聞は、日本国民が右翼国家主義者の巧妙な宣伝に惑わされず、ファシズムへの道を転げ落ちるのを防いでくれた功労者と言っても過言ではありません。

「財務省が公文書を改ざん」。ジョージ・オーウェルの近未来ディストピア小説『1984年 - Yahoo!ニュース(BEST TIMES)
headlines.yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画:サウンド・オブ・ミュージック・ファシズムの恐ろしさを実感できる映画!

<映画:サウンド・オブ・ミュージックについて>

この映画の印象は鮮明に残っています。この映画は、ナチスドイツがヨーロッパを蹂躙し、オーストリアにもその影響が及んで来た時の様子を描いています。ファシズム(右翼国家主義)の恐ろしさを再認識した映画でもありました。

ファシズムは戦後、厳しく糾弾されたので、それが再興することは考えられなかったのですが、今、再び世界においても日本においても、ファシズム復活の怖れがないとも言えない事態になりつつあります。

日本においても、安倍政権になってから、右翼国家主義者・安倍首相の下で、憲法や教育の問題などで、ファシズムの影が忍び寄っています。
このような時、ファシズムの恐ろしさを実感していない若者の皆さんが、この映画を観て、ファシズムの恐ろしさを真に実感して頂くことになればと思うものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1.経営 | 2.日記・随想・歴史紀行・音楽