2.日記・随想・歴史紀行・音楽

2020年5月22日 (金)

清貧に生きるということは、一つの日本の文化であった

「足ることを知らば貧(ひん)といへども富(ふ)と名づくべし、財ありとも欲多ければこれを貧と名づく」

これは、日本浄土教の基礎をつくった源信が『往生要集』のなかで述べている言葉です。
・・・・欲望の支配する現世の価値(富や権力)よりも、目に見えない価値(精神的な価値・心の救済にかかわる価値)の大切さを教えています

かつて日本人は、神仏の存在を信じ、たとえ法や人の目に触れなくても、間違ったことをするのは神仏に対して許されぬという、心の律をもっていました。人間まともな行動をするべきで、嘘をついたり、だましたり、ごまかしたりするのは間違っていると信じていました。
そして中には、西行や良寛、芭蕉、兼好法師のような清貧に生きる人々がいて、欲望や権力から解放された生き方の模範を示してくれました。それが誇るべき日本文化でした。それが失われようとしています。
================
なぜこのようなことを書きたくなったかと申しますと、最近、特に安倍政権になってから、日本人が築き上げて来た素晴らしい生き方、まっとうな生き方、道徳・倫理感が失われていくような不安に駆られるからです。安倍首相が平気で嘘をつく、ごまかす、誤りを認めず詭弁を弄す、などを繰り返されているため、これを真似る人たちが増えて来ているような気がし、社会が殺伐として来たように思えるからです。早くこのような状態は正されなければなりません。
================
清貧に生きた人として、良寛、アッシジの聖フランシスコの画像を添付しました。『清貧の思想』は愛読書です。

Photo33

Photo_20200522182101

C0240061_22080575

51tco0e2srl__sx332_bo1204203200_

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

検察庁改正案

検察官の定年を延長しようとする検察庁改正案が国会に提出された。今までも、恣意的に法を歪め、特定秘密保護法など、自由・人権を制約する悪法を次から次へとつくってきた安倍首相だが、このコロナ禍の下、国民が必死にコロナ克服のため闘っている最中、まさに火事場泥棒的に またしても、悪法をつくろうとしている。卑劣な行為だ。
=============
現在、カジノ汚職事件や河井夫妻の公職選挙法違反事件が表面化し、安倍首相自身も「桜を見る会」に関連した疑惑が浮上している。安倍政権ベッタリの黒川検事長の定年延長は、これらの事件の捜査が進むことを阻止し、安倍首相の保身を図ることにあるのではないかと言われている。
==============...
この検察庁改正案は、まさに「泥棒が警察官に賄賂を渡して、逮捕を見逃してもろう」という意味合いを持ち、絶対に許してはならない行為である。これに対して今、法曹界の人々や、小泉今日子さん、俳優の井浦新さん など、多くの人々が、ハッシュタグ 「#検察庁改正案に抗議します」で抗議の声をあげている。

「厳正公平、不偏不党」という検察庁の理念を根底から脅かし、司法の独立性を崩し、三権分立を無意味化する安倍首相の行為を絶対に許してはなりません。

また、この法案には、自公維が賛成しており、今コロナで株を上げている大阪の吉村知事が所属する“維新の会” も橋本元知事の援護の下に、人気を博していますが、皆さん、一時の出来事に捉われないで、熱狂せず、冷静に判断してほしいものです。維新の会は安倍政権と同一の国家主義的政策を推進する危険な党なのです(注:自民党本来の保守本流の方々は、これとは異なります)。

#検察庁改正案に抗議します

作家の島田雅彦氏も、検察の正義が守られるようにと、訴えられています。

公然と法を破る政府を裁くことができないなら、検察は正義の看板を外したも同然。その汚名を晴らす日が来ますように。官邸のイエスマンの定年を延長したツケは踏み倒せない。首相は退陣後、検察の復讐に怯え、イエスマンは誰からも軽蔑される惨めな晩年を送ることになる。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

コロナ危機で存在感を示す、7人の女性リーダー

<コロナ危機で存在感を示す、7人の女性リーダー(7 women leaders)>
今、武漢に源を発するコロナウイルス禍は世界に広がり、終息の見通しも定かではありません。そんな中、世界的な経済誌フォーブス(Forbes)(寄稿者:Avivah Wittenberg)は、このコロナウイルス禍との闘いで、存在感を示している7人の女性リーダー7名を挙げ、その勇敢な行動を絶賛しています。
Forbes、 world business magazine, gives 7 women leaders as the persons contributing in the battling the coronavirus crisis and praises them for their courage.
==============
7人の女性リーダーとは、ドイツ首相(メルケル)、台湾総統(蔡英文)、ニュージランド首相、アイスランド首相、フィンランド首相、ノールウエイ首相、デンマーク首相 です。

彼女らは全て、中道リベラルな政治家であり、コロナウイルス危機の本質を、自分の言葉で訴え、国民の圧倒的な支持を得ていると述べています。

しかし、一方、アメリカ大統領(トランプ)、ロシア大統領(プーチン)、中国主席(習近平)、ブラジル大統領、イスラエル首相、などには、低い評価を与えています。彼らに共通するのは、独裁者という名前に相応しい政治家ばかりで、新自由主義(弱者に冷淡な強者の論理)や全体主義(共産主義、ファシズム)を追求し、人命よりも経済を優先する政治家です。

ここでは日本の安倍首相の名前は出て来ませんが、モリカケ、桜などで嘘の答弁を繰り返し、私欲のための政治を行っている安倍首相が国民の支持を得られていないのは、皆様ご存じの通りです。
===============
思うに、このコロナウイルス禍を契機として、世界の政治家の顔ぶれも変わってほしいものです。独裁者からリベラル(中道)な政治を行う者への移行です。また、男性による政治には限界があります、男性とは異なる視点をもった女性リーダーの更なる出現が望まれます。


From Iceland to Taiwan and from Germany to New Zealand, women are stepping up to show the world how to manage a messy patch for our human family.




forbes.com
From Iceland to Taiwan and from Germany to New Zealand, women are stepping up to show the world how to manage a messy patch for our human family.
From Iceland to Taiwan and from Germany to New Zealand

| | コメント (0)

アメリカ大統領選 バイデン氏の勝利を願っています!


アメリカ大統領選挙、バイデン氏がトランプ氏に勝利することを願っています。世界平和のために。 ‼️
I hope Joe Biden will defeat Donald Trump for the sake of world peace.


画像に含まれている可能性があるもの:8人、蘇武 春男さんを含む、立ってる(複数の人)、スーツ

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

コロナウイルス禍に際しての政治家の言葉

コロナウイルス禍が深刻な局面を迎えている現在、各国首脳の発する言葉は注目を浴びる。その言葉には人格とか、人間性が滲み出るものだ。==============
ドイツのメルケル首相の言葉が胸を突いた。国民に新型コロナウイルス対策を語った先月の演説である。「普段あまり感謝されない人々に感謝の言葉を贈らせてください」と。スーパーのレジ係や棚に商品を補充する人への言葉。今、最も困難な仕事の一つを担って私たちの生活を維持してくれ、ありがとう、と。生活者の視点を失わず、社会の隅々に目配りしているからこそ出る言葉だろう。医療現場で奮闘する人々への謝意ももちろん表した。・・・高齢者と不必要な接触を避けることなど、一人一人に貢献を求めた。「不要な人などいません。全員の力が必要です」「私たちは民主主義社会です。強制ではなく知識の共有と協力によって生きています」。やさしい語りで連帯を呼び掛けた。

首相の苦悩を察して国民も共感したようだ。コロナ対策が評価され、支持率は上昇している。


その他、イギリスのジョンソン首相や、2019年に41歳の若さで就任した女性首相、デンマークのフレデリクセンさん、ニューヨーク州のクオモ知事なども、説得力ある言葉と行動力で存在感を示した。

==============

他方、アメリカのトランプ大統領や我が国の安倍首相、中国の習近平主席などは、大げさな心の籠らない、美辞麗句を並びたてただけの演説に終始している。この三人に共通するのは独裁者ということだ。安倍晋三首相は2月末以来、緊急事態宣言まで幾度か会見を重ねてきた。右に左に顔を向け、よどみなく言葉を連ね、記者に語り掛けるかのようだが、実はプロンプターに浮かぶ官僚がつくった原稿の字を追うだけである。威勢がいいだけの、美辞麗句を並べただけの言葉はむなしく響き、不評を招いている。(参考文献:中國新聞社記事)

==============
ところで、安倍首相のことだが、このような危機状態にあって、昨日はのんきな星野源さんとの『動画コラボ』(前回の私の記事参照)を投稿したりして、これまた世間の怒りを買っている。このような人物にはできるだけ早く辞めてもらうほうがいい。
===============

我が国の歴史の中に、「義賊」という、弱者に加勢し、善人でありながら「悪」と見なされる人たちがいた。大塩平八郎などもそのような部類に属する人であろう。時の権力にこびる者が「善」とされ、権力に服従しない者は「悪」とされた。治世に庶民の不満が高まると、権力者をきりきり舞いさせる無法者がもてはやされた。鼻を明かしてくれるからである。

今や日本は、安倍政治という不可解な政治の下で、国民は苦労を強いられている。コロナウイルス渦中の今こそ、国民は全員が「義賊」となって立ち上がるべき時ではないかと思うこの頃である。

Photo_20200413190001

Photo_20200413190002

Photo_20200413190003

4_20200413190001

5_20200413190001

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

コロナウイルス禍に対応する安倍政権の非情さ

今回のコロナウイルス禍に対応する安倍政権の“頼りなさ、非情さ”には目に余るものがある。

中小・零細企業者や自営業者の倒産が相次ぎ、シングルマザーの人たちの生活難も時々刻々と深刻さを増しているのに、何ら具体的政策を打ち出さず、挙句に出てきたのは“アベマスク”だ。これには海外メディアも大々的に伝えており、世界から失笑を買っている

外国の例を見ると、イギリスやドイツ、フランスなどの西欧民主主義国家の政治家と比べると、やはり日本の安倍首相は格が一段と低いと言わざるを得ない。はっきりいって、何も考えることができない、あるいは人を思いやる資質が欠けていると言った方が正しいのかも知れない。
たとえばイギリスでは、企業の大小を問わず、休業せざるをえない従業員の賃金の8割を補償。上限は月33万円で、フリーランスも同じだ。

安倍政権は自主休業を要請するだけで、何ら補償は考えていない。イージス艦のような無駄な軍事費や、桜の会などの安倍首相の私欲を満たすようなものには金を惜しまないのに、国民の命を守るものに対しては金を出すのを渋っている。こんな人間は早急に辞めてもらうべきである。
=====================
ところで、今回のコロナウイルス禍の発生によって露呈したのは、一つには、独裁政治家による事態の隠蔽だ。政権の維持・延命のために事態の重大さを隠蔽し、コロナウイルス感染拡大を招いたことだ。中国の習近平主席が、武漢でのコロナウイルス発生拡大に際し、警告を発した医師を処罰し、感染拡大防止の初動を怠ったことは周知の事実である(後に、この医師は世論を気にした習近平が処罰を撤回している)が、日本でも安倍首相が習近平に忖度し、中国武漢からの観光客の来日を抑えず、日本での感染拡大を招いた。

もう一つは、世界への新自由主義拡大による医療制度の不備だ。これにより貧者が犠牲となっている。アメリカではトランプ政権によるオバマケア切り捨てなどにより、貧者が医療の世話に預からず、驚愕的な死者の発生を招いている。イタリアも同様だ。
このような結果に到ったことに、世界の良識ある人々が立ち上がって、独裁主義や新自由主義などの好ましくないシステムが是正されることになって欲しいものだ。

Fb_img_1585870618737

Fb_img_1585734343453

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

コロナウイルス 同窓会延期

新型コロナウイルス感染拡大が深刻な事態になってきました。

4月末に予定していた小学校の同窓会を、少し早めの3月11日、延期に決めたのは正解でした。1月末に同窓会開催案内を出したのですが、その頃からコロナウイルス感染拡大が始まり、いつ終息するかわからなかったので、少し早いかと思いましたが、今年は中止と決め、来年に延期としました。
さて、コロナの影響で、会合などの予定は軒並み中止となりました。

最近は人混みを避け、近所を散歩することで、気を紛らしています。今日も、散歩すると近くの山裾にヤマザクラ(山桜)がぽつんぽつんと咲いていました。仏像の蓮華座を思わせるのでこの名がついたホトケノザ(仏の座)も今が盛りです。枝垂れ源平桃も咲き始めています。

Photo_20200402183101

Photo_20200402183201

Photo_20200402183202

Photo_20200402183203

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ヤマザクラ、サンシュユ、鶯

先日、自宅近くの六個山に登ると、ヤマザクラ(山桜)が咲いていました。例年は4月初めに咲きますが今年はやはり少し早いようです。地上に多く咲くソメイヨシノ(染井吉野)もいいですが(現時点ではまだ咲いていません)、このヤマザクラの、質素で、寂しげな様子も私は大好きです。エドヒガン(江戸彼岸)を追いかけるように開花し、赤っぽい葉とともに淡いピンクの花を咲かせます。清貧の人・西行はこのヤマザクラをこよなく愛し、多くの桜の和歌を詠みました。


今年初めて鶯の声を聴きました。春の到来を感じました。山から降りて、我が家に帰る途中にはサンシュユの黄色い花も咲いていました。サンシュユは中国名、日本名は「春黄金花(はるこばねばな)」です。黄色の小さな花が2030個集まって球形を成してします。

 

自宅から六個山までの往復2時間のウォーキング。週に一度続けていることで何とか健康が保たれています。

Dsc_7859

Dsc_7861-2

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

「平然と胸が痛むと鉄面皮」(森友事件)

心ある、正義感の強い人なら誰しもまだ忘れていないし、未解決のまま葬ってしまってはいけないと思っている“森友事件”が、週刊文春の手で、再び闇の中から照らし出された感がある。安倍政権という“非情な” 政権の下で、犠牲者となられた、近畿財務局の職員、赤木俊夫さんの奥さんは、夫の手記を明らかにされ、国や佐川氏を相手に訴訟を起こした。これに対して意見を聞かれた、財務相や安倍首相の反応はそっけないものだった。川柳で詠んで見ました。「平然と胸が痛むと鉄面皮」。

 

朝日新聞「天声人語」に掲載された記事は、この事件の核心を衝いています。

=================

「“紙つぶて”という言葉がある。紙に書かれた文字が“つぶて”となり、ときに権力者たちの急所を突く。1970年、軍事政権下の韓国で、金芝河さんが発表した風刺詩「五賊」がまさにそうだった▼財閥や国会議員などを5人の悪党になぞらえ、攻撃した。高級公務員に対しては「できることでも絶対やらず、できないことでもすんなりと、机の上には書類の束、机の下には紙幣の束」などと書いた。詩人は逮捕された。▼こちらも、鋭く重い紙つぶてが投げられた話である。森友文書の改ざんに加担させられ、死を選んだ近畿財務局の職員、赤木俊夫さんの手記が明らかになった。生の最後の場面で書いたと思われる記述は、迫真である。▼改ざんの指示が財務省の佐川宣寿理財局長(当時)から来たこと。彼の部下たちが修正箇所をどんどん拡大し、現場の近畿財務局に推しつけたこと。その指示に、あっけらかんと従う者すら一部にいたこと・・・▼手記が示したのは、不正な行為、違法な作業が止まることなく進む巨大組織の姿である。赤木さんの妻は、国や佐川氏を相手に訴訟を起こした。手記を前にしても再調査すらしようとしない財務省とは、組織を守るだけの存在なのか▼冒頭の詩には高級公務員のこんな生態も描かれ、どきりとする。「目上の者には愛玩犬、目下の者には狩猟犬」。上には従う愛玩犬の群れが思い浮かぶ。そして最終的にしっぽを振った相手、すなわち安倍首相にも、つぶては投げられている。

=================
(注)紙つぶて:紙を固く丸めてぶつけるもの(広辞苑)

Etzi7xlu4aeg7zf

Img_ec6b84ce89918ec2b5e57727e19aae0e6542

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

鴨長明『方丈記』

<鴨長明『方丈記』>
近くを散歩していると、ため池の水際にある柳が芽吹き始めている光景が目に入りました。新芽をのせて、たおやかに揺れる柳は春の訪れを一層感じさせてくれます。眺めていると、新型コロナウイルスのことなど忘れてしまいそうです。
================
さて今、新型コロナウイルスの話は持ち切りですが、人間社会を悩ます災害(竜巻、飢饉、洪水、地震、疫病)について、鋭く切り込んだ記録を残した鴨長明が思い出されます。彼の代表的な著作『方丈記』にはそのような災害の記録が沢山記されていて大変興味深いです。

『方丈記』の冒頭にある、「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず・・・」というフレーズは、よく知られています。我々日本人の多くが共感を覚える「無常観」に溢れたフレーズです。これを、ピーター・マクミランさんという、アイルランド生まれの方が実にうまく訳されています。日本人とよく似た小さな島国の出身者ゆえの、同じような感性(無常観)が生かされているのだなあ、と私は思いました。
================
行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある、人と栖(すみか)と、またかくのごとし。(『方丈記』冒頭 鴨長明)
The current of the flowing river never ceases, yet the waters never remain the same. In places where the current pools, bubbles from on the surface, burst and vanish while others form in their place, never for a moment still. People in the world and their dwellings are the very same.
(by Peter Macmillanピーター・マクミラン,アイルランド生まれの翻訳家・研究者)
==================
ところで、鴨長明のことですが、彼は古来の名族で京都の上賀茂・下賀茂神社の氏神を祖とする鴨一族に生まれました。父は下賀茂神社の神職のトップである宮司を務めた人です。鴨長明は大社の御曹司だったのです。しかし彼の青春時代は「保元の乱」「平治の乱」などが起り、源平の争乱から平家の興亡に到る時期と重なります。彼が18歳の頃、父が病死、一族の権力争いの渦中に放り出されます。父亡き後、祖母の屋敷に住むも、30歳でその屋敷を追い出され、大原を経て最後には人里離れた日野(京都市伏見区)に“方丈の庵”を構え住む。54歳の時でした。この日野は無人の深山でなく、人里に近くて生活には困らないところでした。『方丈記』は彼が58歳の時の作品。この方丈の庵で、竜巻、飢饉、洪水、地震、疫病などの天変地異と遭遇した生の経験を基に、無常観に満ちた文章を、格調高い和漢混淆文で記し、生涯を閉じました。享年62歳。

0

1_20200316154101

2_20200316154101

3_20200316154101

| | コメント (0)

より以前の記事一覧