2.日記・随想・歴史紀行・音楽

2018年8月13日 (月)

バドミントン・桃田賢斗選手の快挙の裏に「過ちては改むるに憚ること勿れ」あり!

<バドミントン・桃田賢斗選手の快挙の裏に「過ちては改むるに憚ること勿れ」あり!>
Momota Kento has achieved the outstanding feat of winning the world badminton championship. There is a proverb“It is never too late to correct a mistake.”This is just the word for him. 

バドミントンの桃田賢斗選手が素晴らしい!世界選手権で男子日本選手としては初めての王座に輝いた。桃田選手といえば、2016年4月、違法カジノに通っていたことが判明し、無期限の出場停止処分を受けた人である。そのため夏のリオジャネイロ五輪出場の権利は突如として剥奪された。しかしそのような逆境を越えて彼は、2年を経た今、素晴らしい快挙を果たしたのだ。
===========...
「過ちては改むるに憚ること勿れ」(論語)という言葉がある。私は桃田選手の出場停止処分後の言動を見て、この言葉が直ぐに思い浮かんだ。彼が謙虚に過ちを改める態度に感動した。何故これほどまでに感動したのか? それは、安倍首相との対比に於いてである。スポーツ界と政治の世界という違いがあるにせよ、幾度も嘘を平気で言い、何ら改めるところのない安倍首相の傲慢な態度に対して、桃田選手に、純粋さ、謙虚さ、人間としての優しさを感じたからである。人間は本来、かくあるべきだと思った。一国の総理大臣と一介のスポーツ選手との対比を馬鹿げたことだという人がいるかも知れない。しかし人間としては同じである。地位の高い者が徳を兼ね備えているわけではないのだ。否、その逆であることが多いのだ。
===========
桃田選手が今日に至るまでを振り返ってみたい。(朝日新聞記事を参照)
香川県出身の桃田は親元を離れ、バドミントンの強化に力を入れていた中高一貫制の福島・富岡一中に入った。その当時の本多裕樹監督は「技術で僕が教えられることは殆どなかった」と述懐している。インドネシア人コーチは「この子が日本バドミントン界の歴史を変える」と言った。シャネルとネットの一番上に当て、相手コートに落とすような繊細なショットを身につける練習は誰よりも遅くまでやった。高校3年で世界ジュニア選手権を制し、NTT東日本へ。世界ランクは2位まで上がった。髪を金色に染め、派手なネックレスをつけた。「きらびやかな生活をしてバドミントン選手の地位を上げたい」とも言った。そして、カジノ通いによる出場停止という突然の破局。こんな場合、人は自暴自棄になることが多い。
==================
しかし彼は違った。彼が本来、謙虚というものを持ち合わせていたのだろう。それだからこそ周囲の人も彼を責めなかったのだ。失意の奈落に陥った時、家族は何も説教がましいことも言わなかったし、出勤停止明けに出社した時も、会った人は暖かく声を掛けてくれた。地元のバドミントン教室に参加した時も「どう迎えられるか、びくびくしていた」というが、予想に反して温かく迎えられた。トップ選手のプライドを捨て、練習の合間に落ちているシャトルを拾って回り、得点板を出す仕事も買って出た。長いラリーをしてわざと負け、会場を盛り上げるようなこともした。処分期間中、彼はひたすら走っていた。NTT東日本も須賀隆弘監督は「目標もないのに、よくここまでやるな」と思ったそうだ。彼は「バドミントンをやらせてもらえる環境があるだけで、幸せだった」と今までとは異なる姿勢を見せている。
そして、今年7月、復帰直後282位だった世界ランクは6位にまで上がった。
かつて華やかな生活を求めた彼は、「華やかな生活ではなく、プレーや立ち振る舞いで、教室で一緒にシャトルを打ち合ったジュニア選手たちの手本になりたい」と話す。
そして先日、彼の2年間にわたる精進が結実した。バドミントン世界選手権で日本男子史上初の優勝を飾った。嫌いだった筋力トレーニングで地道に下半身を鍛え、本来の技術にスピードが加わった。バドミントン界の歴史を変えると言われた逸材が、過ちとしっかりと向き合ってきたことに天も味方したのだ。心技体を兼ね備えたとも言える。
===========
今、安倍政権の下で実施されようとしているカジノ奨励法案。桃田選手には、このような悪を助長する法案には断固として反対意見を述べてもらいたいものだ。

Img_20180808_0001


Img_20180808_0002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

翁長雄志沖縄県知事、ご逝去

翁長雄志沖縄県知事がお亡くなりになりました。

大変残念です。

沖縄の将来を真に考えておられた方でした。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

オール沖縄の下、翁長雄志さんのご遺志を

引き継がれた方が弔い合戦に勝利して頂くことを

切に願っています。
Rivbdatz_400x400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

ハリー・ベラフォンテ と、「We are The World」

“ハリー・ベラフォンテ”と言っても、若い方の中には知らない人が多いかも知れない。Day-o,day-ay-ay-0(ディ・オー・エイ・エイ・エイ・オー)と始まる「バナナ・ボート」(1956年発売)を唄っていた黒人歌手である。私はこのレコードを当時、買い求めたのでよく覚えている。この歌は日本では浜村美智子さんも唄っていたので、陽気な歌と勘違いされるかもしれないが、実は、バナナを積み出す港で荷役に従事していたジャマイカの人々の悲しい労働歌なのである。
====================
先日、アナザー・ストーリーズがテレビで放映されていたのを観て、この“ハリー・ベラフォンテ”さん(現在91歳で御健在)の呼びかけで、「We are The World」という曲が作られたことを恥ずかしながら初めて知りました。...

1985年、エチオピア大飢饉を救うため米国の一流歌手(スーパースター)が、ジャンル、性、政治的主張を乗り越えて集結して10時間にも及ぶレコーディングした結果、この歌が生まれました。

現在、国内外を問わず、人々がお互いに争い、人間としての尊厳が軽視されるような風潮が強い中で、かつてこのような優しい心温まる試みがあったことに感動しました!

参加したメンバーの中には、マイケル・ジャックソン、レイチャールズ、ボブディラン、ダイアナ・ロス、シーラ・E、プリンスなどがいる。マイケル・ジャックソンは、「僕の全身全霊をここに注ぎ込むことに決めた」と語っていたという。それぞれレコード会社に属していた彼らは全てノーギャラで、「銃声よりも歌を!」を掛け声に歌ったと言われている。ところでこの歌の立役者・ハリー・ベラフォンテさんは今、UNISEFの親善大使をされている。
========================
因みに「We are The World」の歌詞は次の通りです。

There comes a time when we hear a certain call
When the world must come together as one
There are people dying
And it’s time to lend a hand to life
The greatest gift of all

今こそ呼ぶ声を聴く時
世界が一つになるべき時
死にゆく人々がいるから
今こそ手を差し伸べる時なんだ
命という素晴らしい贈り物へ向けて

We can't go on pretending day by day
That someone, somewhere will soon make a change
We are all a part of Gods great big family
And the truth, you know,
Love is all we need.

知らないふりをして日々を送るのはもう終わりさ
誰かが、どこかで変えてくれるなんてのは
僕らはみな神の一部であり家族なのだから
それが真実なんだ、わかるだろ
愛こそが本当に僕らが必要としているものなんだ

[Chorus]
  We are the world, we are the children
  We are the ones who make a brighter day
  So let’s start giving
  There's a choice we're making
  We're saving our own lives
  It’s true we'll make a better day
  Just you and me

僕らは世界とひとつ、僕らは子供
僕らこそが 輝ける明日を作り出せるんだ
だから与えることを始めよう
僕らの選択が創りだす
それは自分たちの人生を救うことで
それこそが真に良い日々を作るんだ
君と僕からはじめよう

Send them your heart so they'll know that someone cares
And their lives will be stronger and free
As God has shown us by turning stones to bread
So we all must lend a helping hand

君の心を伝えるのさ そうすれば彼らは誰かが助けてくれることを知るだろう
そして彼らの生は強く自由になってゆく
神が石をパンに変えることで示してくれたように
僕らも救いの手を差し伸べる時なんだ

1


2


3


4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

なぜこの時期にカジノ法案?

西日本豪雨災害で多数の犠牲者が出たこの悲しむべき時に、なぜカジノ法案? これは国民を不幸に陥れる賭博奨励法案とも言える。こんな悪法を考える人の神経がわからない。知性が微塵もない、また非情な人なのだろう?

37349388_1793950140693163_503483393




| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博記念公園・日本庭園にあるハス池

先日、留学生のYさんが蓮を見たいと以前から言っていたので、万博記念公園・日本庭園にあるハス池へ行って来ました。蓮の花は早朝に咲き昼には閉じるので朝の涼しいうちに出かけました。ここ当分日本列島は酷暑に見舞われていますが、一面に咲く淡いピンクの蓮の花を見ている限りは涼しさを感じました。
================
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という中国の成句にあるように、何時みても清らかさと聖性を感じます。仏教では泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、如来像の台座は蓮華をかたどった蓮華座であり、また死後に極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想があります。「一蓮托生」という言葉の語源になっているのが肯けます。
37403484_1793697137385130_740760846


37364099_1793696050718572_148010351



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

俳優の加藤剛さんを偲ぶ

俳優の加藤剛(かとう・ごう)さんが6月に亡くなられた。享年80歳。私には人生の大先輩であり、大好きな、人間性あふれる人格者だった。「人間の条件」でデビュー。代表作は70年から99年まで続いた「大岡越前」。江戸時代という封建社会の中では異色の人間的な奉行・大岡越前の温かい名奉行ぶりを演じた。加藤さんにはうってつけの役であった。

 

加藤剛さんは、戦争を知る世代として、俳優の仕事を通して平和への思いを伝え続けられた。7人兄弟の6番目として生まれ、静岡の生家の上空をB-29爆撃機が飛んでいく中で少年時代を過ごし、一番上の姉の夫は戦死、優しい2番目の姉は戦後の食糧難の中、結核で亡くした。

「生き残った人間は死んだ人間を決して裏切ってはいけない」という気持ちをもって俳優人生を歩んだという。「今の憲法は、いわば戦争で人生を絶たれた人たちの夢の形見。だから憲法を守り抜くことは、生きている人の使命だと思うのです」とも語っている。

戦争を憎み、平和を運ぶという作品、たとえば「人間の条件」「この子を残して」などに、多く出演した。「この子をのこして」では、長崎で原爆により被爆した放射線医学の永井隆博士を演じた。

 

安倍政権に対しては直接的な表現を用いて痛罵された。「今の政権は、憲法違反の政権です。アメリカの戦争に協力するため、勝手に憲法の解釈を変えて戦争法を通してしまった」と。
1


2


3


4


7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

集中豪雨による被害者続出、そしてオウム真理教死刑囚の死刑執行というような状況の中で、安倍政権は呑気に酒盛り

西日本を中心とした集中豪雨による被害者続出、そしてオウム真理教死刑囚の死刑執行というような状況の中で、安倍政権は呑気に酒盛りを行っていたという。信じられない無神経で冷酷だ!安倍政権の国家主義的本質がよく表れている!

首相自身の総裁三選を目的とした酒盛りらしいが、国民の不幸や苦労はどうでもいいということなのだろう。非情だ 皆さん、このような悪徳政治家には早く辞めてもらいましょう

下記にある自民党幹部による酒盛りの状況の写真(これは首相官邸が撮影したもの)をご覧ください。普通のまともな神経の人なら何かを感じるはずです。
Fb_img_1530919510467



| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家近くの農村風景

我が家近くの農村風景です。箕面市にはまだ少しこのような農地が残っています。写真は西小学校5年生の米作り体験と小学校1年生のサツマイモ作り体験の現場です。

我が国は、かつては農業国家であり、農作業を通じて人々が共同で仲良く暮らして来ました。このような良き民族性を子どもたちが学んでほしいですね。

北側に見えるのは箕面の山々です。
36560234_1764933920261452_124864531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

沖縄慰霊の日に、中学三年生の少女が訴えたこと

浦添市立港川中学3年の相良倫子さん(14歳)が沖縄慰霊の日に訴えたこと。

心がこもった平和を求める素晴らしい言葉の連続ですね! 普通のまともな精神の持ち主であれば、誰しも感動を覚えずにはいられない言葉ではないかと思いました。

今の世の中、安倍政権の下で、不正義が正義を追いやっているように感じられ、淋しい気持ちになっています。それだけに一層、彼女の純粋な言葉に温かみが感じられ、若い方々の中にも、このような立派な考えをもっておられる人がいるということに勇気を頂きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノウゼンカズラ(凌霄花)

我が家のノウゼンカズラ(凌霄花)。毎年この梅雨の季節の頃咲き始めますが、今年は例年よりも少し早く咲きました。凌霄花には幾つかの種類があり、また花の色も幾つかありますが、私は我が家に咲いている、幾分淡いオレンジ色のものが好きです。この色は葉の緑と青空に映えて鮮やかに見え、明るい気分にしてくれます。

この花は、平安時代に中国から渡って来ました。漢名は凌霄花(りょうしょうか)、この音読み「りょうしょう」が転じて「ノウゼン」になったと言われています。「霄」は「大空」を意味し、蔓が木にまといつき空に向かって高く咲く姿を表しています。英語では、花の形がラッパに似ていることからChinese trumpet vineとかChinese trumpet creeper と呼ばれています。西洋の花言葉は、fame(名声、名誉、栄光)。勝利者などを祝福する際のファンファーレでトランペットを吹くことに由来します。

==================

日本ではどのように見られているかと思い調べてみると、夏目漱石が「のうぜんの花を数えて幾日影」と詠い、また安藤裕子さん作詩・作曲の「のうぜんかつら(リプライズ)」という歌があるそうです。因みに歌詞は、「撫でて 優しく のうぜんかつらの唄のように ・・・昔見つけた唄は 赤い花の道を 二人がいつだって手と手を取り合って 並んで歩くのよ・・・・」。少しロマンチックな歌ですね。

Img_6864


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1.経営 | 2.日記・随想・歴史紀行・音楽