2.日記・随想・歴史紀行・音楽

2018年2月25日 (日)

カーリング女子日本代表・LS北見が3位決定戦で銅メダルを獲得した試合は実に見応えのあるものでした。おめでとございます。

昨日行われたカーリング女子日本代表・LS北見が3位決定戦で銅メダルを獲得した試合は実に見応えのあるものでした。おめでとございます。
=====================
相手は強豪イギリス。イギリスは本来攻撃的なチームなのに今回は最初から守勢に転じ、慎重な試合運びに徹したが、LS北見はこれに対して焦らずに辛抱に辛抱を重ね着実にプレーした。そして終盤での劇的な勝利が待っていた。
=====================
藤沢五月さん、吉田知那美さん、鈴木夕湖さん、吉田夕梨花さん、この4人の仲の良い皆さんによるプレーを見ていると楽しくなりました。一投の責任を一人で背負わず、スイープや声掛けなど全員で成功に導こうとする素晴らしい雰囲気がありました。...
カーリングには、出場選手4人が心を一つにして戦うことを意味する「4人でストーンを運ぶ」という言葉があるという。LS北見は主将・本橋麻里さん を含めた5人でストーンを運んだと言える。

特筆すべきは本橋さんだ。彼女はチームの創設者であるが、自分は前面に出ず、リザーブとして黒子に徹し、プレーは若手に託した。若手を育成したいという意図があったと聞く。

チーム運営だけでなく、氷の状態のチェック、ハーフタイムに選手が取る果物やお菓子といった補食の準備など、裏方として献身的に4人を支えた。今後も母親として、スポーツウーマンとして活躍し続けてほしい。 本橋が声を掛けて集まったメンバー全員が現在の北見市出身。「帰ってきてよかった」と皆が口をそろえる。チーム結成から7年半、思いは実った。

1


2


3


4


5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

女子団体パシュート金メダル! おめでとうございます!

女子団体パシュート金メダル! おめでとうございます

強豪オランダに圧勝です。日本らしいチームワークの良さと細やかな技術の積み重ねによってもたらされた勝利と言えます。 

みんなだつたから取れた!(高木美帆さん)...

見ていて大変感激しました。

高木美帆さん、高木菜那さん、菊池彩花さん、佐藤綾乃さん、本当におめでとうございます!

28277087_1611756275579218_743779445


27973137_1611756322245880_588126986

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

小平奈緒さん 金メダルおめでとうございます!

小平奈緒さん  悲願の金メダル良かった!長年の努力が報われました。
金メダル獲得を確実視されていたプレッシャーの中での勝利でした。本当におめでとうございます。韓国の李相花さんも健闘しました。二人が健闘を称え会う姿は美しかった!

安倍政権はこれを政治利用しないように願いたい。
====================
2人はレース後、笑顔でお互いを称え合った。李選手は、小平選手を、特別な友人とし、「ライバルであることが、私の記録を伸ばしてきた」と話した。一方小平選手も「人としても選手としてもリスペクトできる友達」と李選手を称えた。小平選手が、地元韓国の期待に応えられず泣きじゃくる李選手を抱え、国旗を掲げ一緒にリンクを回る姿は素晴らしく美しかった。...
郷亜里砂選手も8位と健闘した。彼女も努力家だ。次に期待したい。

27867670_1608611792560333_572554602


2018021800020_1


20180122s00078000343000p_thum


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

「ペンの力」 浅田次郎氏が、言論の自由の危機に際して警鐘!

このような本が目に入りました。
    今の時代を考えさせてくれる本です!!

・「ペンの力」...

  浅田次郎氏が、言論の自由の危機に際して警鐘!
            他人事のように考えてはならない!

・「Yhe 独裁者~国難を呼ぶ男 安倍晋三」&「追及力」
 
  望月衣塑子 氏、森ゆうこ 氏、古賀茂明氏

Img_20180118_0001


91pcrspbv4l


51kje0tjsel

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年は、国内外で予期せぬことが次々と起こった年でした。アメリカにおいては、自国本位の利益のために向う見ずな政治を行うトランプ政権の誕生、我が国においては、安倍政権下での政治を私物化するような腐敗政治の進行と三権分立の形骸化の進行などが進みました。このため、長年にわたって築き上げられてきた道徳観や人間の尊厳が失われていくのではないかと危惧された一年でした。

 

限りない“経済成長”の幻想にとりつかれた人々の下、相変わらず“金”が人生の全てだとされ、人間のもつ崇高な精神性を大切にしようという気運が廃れていくように感じた年でもありました。ガンジーが、かつて「大地は一人ひとりの必要性を満たすだけのものは与えてくれるが、貪欲は満たしてくれない」と説きましたが。この崇高な考えをあざ笑う如くです。

 

また、小さな声が、多数派に飲みこまれ、集団なって人々が不寛容な方向へ転じていくような傾向に場合があるので注意が必要です。「人々が自分で物事を考えずに、物事を人任せにしてしまうところから全体主義が生まれ、独裁者が登場する」と哲学者・ハンナ・アーレントが述べました。このため、1人一人が自分自身の考えをもって、他人が言っているからといってこれに煽られずに、自分というものをしっかりともって対応していくことが必要なことだと改めて感じました。

====================

現在は、残念ながら反知性的な人々がこの世界をリードしているようですが、このような事態は長続きしないはずです。最後に正義を勝ち取るのは知性です。一人ひとりのしっかりとした意見の確立が求められます。

1024x683_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

短歌投稿

地元の観光ボランティアガイドの月刊小誌「ガイドの広場」への今年最後の投稿です。(投稿は、3年程前から毎月欠かさず行っています。我流で拙い短歌ですが・・・)

  ★香久山(かぐやま)は 持統天皇 在りし日の
            優美な姿 留めけるかな

.   (藤原京の中、大和三山の一つ、天の香久山の姿は、
     持統天皇が詠った歌のように優美に思われました)
       添付の写真は、天の香久山です。
==================
  ★嬉しきは 暫し目を閉じ 考えて 佳き言葉の 現れし時

   (文書を書いている時、適当な言葉が直ぐに思い浮かべば
     執筆は捗ります)
==================
  ★質問に 意味をなさない 自画自賛 議会の役目 霞つつあり

   (安部政権の下、三権分立が形骸化しそうな雰囲気にあります。
    我が国政治の危機です。立憲民主党の躍進を祈っています。)

1dsc_0302_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

衝撃!日本は、クリーンエネルギーへの転換で、世界に遅れをとっている

NHKスペシャル「激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃」を観て大変な衝撃を受けました。ここ3年程度の間で、世界のエネルギー政策は、自然エネルギーへの転換に大きく舵を取っています。

日本は今、原発が稼働していないこともあり、火力発電所の割合が多く、化石燃料による炭素ガス発生量対策があまり進んでいません。これは、東日本大震災の後、自民党・安倍政権が、原発に代わる自然エネルギー(クリーンエネルギー)へのシフトに政策を変えなければならなかったのに、何もその努力をしなかったし、大変不熱心だったからです。

.この間、日本が国を挙げての自然エネルギー変換への努力を怠っている間に、(勿論リコーなど個別の企業でこの努力をしているところはある)、世界は自然エネルギーへの転換に大きく舵を取り、日本は先進国の中では最も取り残されました。お隣の中国でさえ、数年前からこの政策を進め、今や世界をリードする立場にいます。

ましてや、日本は原発や時代遅れの火力発電所を輸出しようとしています。

日本は元々世界的に高い技術力があるのに、遅れているのは、自然エネルギーへ転換する勇気だけが欠如しているからだ、というのが世界の投資家を含めての関係者の見方です。この勇気がないのは自民党・安部政権の原発依存と自然エネルギー転換へのビジョンのなさです。将来へのビジョンという点では、あらゆる点でそうですが、ここでも安部自民党政権の将来へのビジョンなき姿勢の一端が窺えます。

もっと見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知性に導かれる世界を!:ホセ・ムヒカ元大統領

今執筆中の本の中で「ウルグアイ:“世界で一番貧しい大統領”ホセ・ムヒカを生み出した南米の小さな国」の原稿を書いていて感じたことです。

世界には、ホセ・ムヒカさんのような、私心がなく国民のために働いている素晴らしい人もいるのだと安堵を感じました。政治家には、ある程度の国民の模範たる発言や行動が求められます。

.私見ですが今、各国の大統領や首相級の人で、そのような模範たる人物に値するのは、ドイツのメルケル首相など、僅かです。

たとえば、我が国の安倍首相を見ていても、森友、加計疑惑、詩織さん事件、慰安婦問題などを巡る議論の答弁で、軽率な発言、暴言、嘘、まやかし、はぐらかし、に終始しています。このような、知性に欠け、政治を私物化する姿勢に国民が疑問をもっていることは、自民党の支持率が高くても安倍首相には疑問を呈している世論調査の結果にも表れています。

米のトランプ大統領も、類似した人物です。平和よりも武器商人としての役割を演じたり、一方的にイスラエルの首都移転を宣言したりして、人間の普遍的価値、尊厳、過去の歴史に学び人類が築き、共有してきたものを、無視するような政治家です。

なぜこのような、倫理・正義・道徳などの観点から見て、失格に値するような
人物が選挙で選ばれるのでしようか? 人間の英知や知性はどうなったのでしようか? 一時的なその時の雰囲気や感情で、政治家を選んではいけませんね。選挙に当たっては、慎重に考えて、知性に満ちた政治家を徐々に増やしていく必要があります。

01e4fbc8b3105f803364ecd79f87235e


616udznczml


910pf9oi5jl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被爆体験者サーロー節子さんの素晴らしい演説

被爆体験者サーロー節子さんの素晴らしい演説。心に響きます! 何度も熟読したいと思います。知性が世界をリードし続けるように!
その陰で、背を向ける安倍政権。
======================================
Nobel Peace Prize winner Ican warns nuclear war 'a tantrum away'
http://www.bbc.com/news/world-europe-42298453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東福寺 紅葉

先日、27日、ドイツからの留学生フィリップさんを案内して、京都の東福寺へ紅葉狩りに行って来ました。

最後の紅葉の見頃の時期とあって大変な人出でした。

ついでに宇治・平等院にも立ち寄りました。...

最後の写真は、紫式部像です。源氏物語の最後の十帖は、宇治が主な舞台となっているため、「宇治十帖」と呼ばれています。

1_4


2_3


3_3


4_3


5_3


6_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1.経営 | 2.日記・随想・歴史紀行・音楽